不登校のきっかけや対応、その後の変化など、子ども・保護者の体験談を学年別に紹介


発達障害や不登校のお子さんを持つ保護者の方々は、どんな悩みを抱え、どんなふうにお子さんと関わっているのでしょうか。

発達障害・不登校の親子向けにオンラインコミュニティやメンターサービスを運営するBranchでは、サービスをご利用の保護者のみなさんにインタビューを行い、これまでのご経験を詳しくお聞きしています。この記事では、Branchで実施・公開したインタビューを子どもの学年別にまとめてご紹介しています。
各記事のタイトルをクリックすると、それぞれの記事本文に移動することができます。以下の共通の質問にインタビューでお答えいただき、その内容を記事にしています。

・子どものプロフィール
・不登校になったきっかけ
・不登校になってからの保護者の対応
・現在の過ごし方
・時間が経つなかでの子どもの変化
・子どもの未来について、保護者として願うこと

不登校のきっかけやタイミング、その後の過ごし方は、お子さんやご家庭ごとにさまざまです。この記事を読んでくださっている方も、一人ひとりさまざまなご状況で、お悩みを抱えられていることと思います。ご自分やお子さんの状況に近い経験をされた方のインタビューが見つかり、少しでも参考にしていただけることを願っております。

※今後も、随時新しいインタビュー記事を公開し、この記事にまとめていく予定です。


不登校・小学2年生の子どもの保護者インタビュー

【小学2年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー
子どもの年齢:7歳・小学2年生 ※インタビュー実施時点
不登校の期間・様子:小学校1年生の6月末以降から不登校に。現在も自宅で生活。
発達障害の診断・特性:医師からASD(自閉スペクトラム症)と診断


不登校・小学3年生の子どもの保護者インタビュー

【小学3年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー
子どもの年齢:7歳・小学3年生 ※インタビュー実施時点
不登校の期間・様子:1年の3学期から行きしぶり、今は学校は全く行っていない
発達障害の診断・特性:自閉スペクトラム症グレーゾーンの可能性を指摘されたことあり

 

不登校・小学4年生の子どもの保護者インタビュー

【小学4年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー
子どもの年齢:9歳・小学4年生 ※インタビュー実施時点
不登校の期間・様子:小学校1年生の3学期から不登校に。現在も自宅で生活
発達障害の診断・特性:医師からASD(自閉スペクトラム症)と診断


【小学4年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー②
子どもの年齢:10歳・小学4年生 ※インタビュー実施時点
不登校の期間・様子:小学2年の1学期から行きしぶり
発達障害の診断・特性:ASD(自閉スペクトラム症)、LD(限局性学習症)、ADHD(注意欠如・多動症)

 

不登校・小学5年生の子どもの保護者インタビュー

【小学5年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー
子どもの年齢:10歳・小学5年生 ※インタビュー実施時点
不登校の期間・様子: 4年生になってから不登校に
発達障害の診断・特性:診断なし

 

不登校にまつわる多種多様な経験 - Branch関連記事まとめ

Branchでは、これまで紹介した形式のインタビュー以外も、ユーザーアンケートや座談会などでお聞きしたエピソードを記事にしています。あわせてお読みいただければ幸いです。

■不登校の原因・きっかけについて
保護者インタビューから見る、多種多様な不登校の原因・きっかけ

■登校状況や家での過ごし方など、不登校の多様なかたちについて
「不登校」のかたちは十人十色。学校に行っているか、どんな特性をもっているかに関わらず、その子に合うやり方がきっとある【Branchオンラインコミュニティの事例】

■不登校の子どもを持つ保護者が集まっての座談会
「どうして教室にいられないんだろう?」不登校・発達障害の親子それぞれの困り事と対応 - Branch保護者座談会 前編

発達障害・不登校のわが子。親として見守りながら、一人の人間として対等にかかわる - Branch保護者座談会 後編