目次

①Branchメンター(対面・オンライン)

②Branchオンラインコミュニティ

③Branch room(東京・代官山)

Branchのサービス① Branchメンター(対面・オンライン)

Branchメンターは、発達障害・不登校のお子さま向けの「好きなことを伸ばすこと」に特化した、訪問 / ビデオチャットでのサービスです。

人は自分を受け入れてくれる人が3人いると、自尊心が育ちやすいと言われています。
発達障害のあるお子さんの中には、その独特の感性から、身近な友人・知人・家族とはなかなか会話が合わないことがあります。

そんな時に、そのお子さんの「好き」なことを同じように「好き」な大人をマッチングするサービスです。

Branchメンターの特徴

・好きなことが同じなメンターと1対1でマッチング

・スケジュールはメンターと自由に決めることができる

・ビデオチャットでどこにいても遊ぶ・学ぶことができる

・訪問の場合は、場所の指定は自由。ご家庭への訪問が多いですが、メンターが行ける範囲であれば、美術館や博物館などに一緒に行く場合もあります(その際のメンター分の入館費用は保護者の方にお支払いいただきます)

利用者の声

・メンターさんと定期的にオンラインで遊んでもらって、笑顔が戻りました。うちはずっと学校に行っていないのですが、メンターさんと遊ぶことで幼稚園の頃のような元気な笑顔を取り戻したかなぁ、と。

・カリキュラムがないのがいいんです。うちの子は学校でも他の場所でも「この時間はこれをやる」っていうのがとにかくダメで。メンターさんも1対1でその時やりたいことをやらせてくれるし、オンラインコミュニティも好きな部活に入ってできた友だちとやりたいように遊んでいます。たまに友だちとハラハラするような言動していて心配になりますが、行きすぎた時はスタッフの方が間に入ってくれたりするし、相手の親とも私自身がオンラインコミュニティでつながってるので安心なんです。

Branchオンライン利用前の面談に申し込む

STORES 予約 から予約する

Branchのサービス② Branchオンラインコミュニティ

Discordというオンラインツールをつかったコミュニティサービスです。子どもと保護者のどちらも利用することができます。子ども用と保護者用、それぞれにコミュニケーション用のチャンネルをつくり、さまざまな活動をしています。

Branchオンラインコミュニティの特徴

・「好き」を通し、認められることで自信がつくコミュニティ
子どもたち一人ひとりの「好き」なことを軸に、交流や部活動に参加することができます。

・否定されない安全・安心な環境
コミュニティ参加者向けのルールを提示し、研修を受けたスタッフが運営をサポートすることで、一人ひとりのちがいを尊重され、否定されず安心できる環境づくりを心がけています。

子どもコミュニティの特徴

子どもたち自身で立ち上げ、ルールを決めて取り組む「オンライン部活動」 生物部、マイクラ部、歴史部など、好きなことで他の子やスタッフと関われます。

・いつでも好きなことを聞いてもらえる居場所

・作ったものを共有するお披露目場がある

・定期的なオンラインイベントで好きなことで遊べる・学びあえる

・気が合う子、好きなことが同じ子と出会い、友だちができます

保護者コミュニティの特徴

・お子さんの「好き」を支えるための情報共有ができる

・他の保護者さん、スタッフへの質問、相談ができる

・定期開催の保護者向けイベントに参加できる

※Branchオンラインコミュニティには親子一緒に参加することが可能ですが、中には保護者のみ参加しているという方もおられます。

利用者の声

・保護者のオンラインコミュニティに価値を感じています。情報は「信用できる人」から得ないと、自分は動けないのですが、Branchオンラインコミュニティの保護者の方々の情報はすごいです。知りたいことを今聞ける感じがいいですね。お互いに悩みも吐露しあえている仲なので、聞きやすい話しやすいのかもしれません。発達障害だったり不登校に関する悩みを聞いてもらえるところって中々ないんですよね。

・Branchの他の子の影響でうちの子が学校行き始めました。オンラインコミュニティの部活「フォートナイト部」で知り合った子で、自分より上手で尊敬しているみたい。親の言うことより、自分と年の近い尊敬できる人に言われる方が聞いてくれますね。

・いわゆる「第三の居場所」「サードプレイス」って療育的なところや自主に任せるというところばかり。好きなことや興味関心にフォーカスしてるところって他にないんです。そういう場所に集まる親もポジティブな考え方をする方が多くて、常にオンラインコミュニティの雰囲気がいいですね。他のフリースクールのコミュニティがものすごくネガティブでつらかった経験があるので。

・参加する前は「うちの子がオンラインサービス使いこなすのなんて無理」って思っていたんですが、親より使いこなしててびっくりしました。最初の体験の時点でいつもは使わない丁寧語で話したりしていて、、、本当にびっくりです。オンラインコミュニティのサービスもすぐに理解して子どもってすごいなって。

・オンラインコミュニティで同じ興味を持つお子さんとつながれたのは命綱になっていました。今年の2月の終わりで完全不登校になって、友だちとバサッと切れました。本人は遊びたいけど、遊べないという。従兄弟もたまに遊べてたけど最近は遊べずで、子どもとのつながりが完全になくなりました。でもBranchオンラインコミュニティで他のお子さんの投稿を見たり部活に参加したりで、孤独にならずに済みました。

Branchオンライン利用前の面談に申し込む

STORES 予約 から予約する

Branchのサービス③ Branch room(東京・代官山)

手の伸ばしやすい位置にたくさんの遊び道具が置いてある中で、お子さまに遊んでもらいながら、好きなこと発見シートでお子さまの「好き」を発見することができます。

東京・代官山にある教室「Branch room」は、発達障害・不登校のお子さま向けの、新しいタイプのフリースクールです。スタッフと1対1の環境で、お子さんの好きなことを、好きなだけ追求できます。

Branch roomの特徴

・Branch roomスタッフと1対1で遊ぶ/学ぶ 他の子に合わせる必要はなく、その時その場でやりたいことができます。

・何をその時するかはお子さまの自由 ゲームで遊ぶ子もいるし、最近研究していたことをスタッフに披露する子もいます。次にやりたいことを子ども自らスタッフに相談・提案することもあります。

・好きなこと発見シート お子さんがその日に実施した内容、特性や好きなことについてのコメントなど、特性理解につながるお子さんの観察日誌を、スタッフが作成してお渡しします。

利用者の声

・うちの子は自分から知りたいことが次から次へと浮かんでくるというタイプではないので、ホームスクールという環境でどのように興味や学びの幅を広げていくのかについて悩んでいた時期があったんですね。そんなとき、Branch roomで計画表をつくってもらったり、「これが好きそうだから、次は××にチャレンジしてみるのもいいかもしれないですね」と一緒に考えてもらえたりしたことで、気が楽になったというか。すごく安心したんですよね。

・「スキルを身に付ける」ことを目的にした習い事や療育は多いけれど、本人の「好き」にこだわり、自信をつけ、そしてその先で「社会とつながること」までできる場所ってなかなかないと思うんです。そういう意味でBranch roomはすごく希望がある場所だと思っています。

Branch room利用前の面談に申し込む

STORES 予約 から予約する