【Branch公式LINE】はこちら友だち追加

不登校児の学習への拒否感、どうしたらいい? – 本田秀夫先生インタビューより

Branchユーザーさんからの「不登校」や「行き渋り」に関する質問を、本田秀夫先生(信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室 教授)にお尋ねしました。

その一部を紹介していきます。

YouTube▷「学校行きたくない」の言葉は子どもにとっては問題の始まりではなく最終段階【信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授本田秀夫先生】

目次

保護者からの質問「学習への拒否感が強いです」

“不登校中。学習への拒否が強いです。

本人がやる気になるのを見守っているだけで良いのでしょうか?”

本田秀夫先生の回答

まずは見守ること:勉強への負担感が不登校の一因の可能性もある

不登校になっていて学習への拒否感が強い人の場合、基本的に、勉強させるという煩悩をいかに抹殺できるかが親御さんの最大の試練です。

それが出来ないと子どもさんの不登校が長引くと思って頂いた方が良いですね。

不登校でも勉強が好きであれば、家で自主的に勉強する人もいるんですよ。

だから、不登校かつ学習への拒否が強いっていうことは、勉強すること自体に対する負担感も不登校の要因の一つになっている可能性があるということですよね。

「やる気になるのを見守っているだけで良いのでしょうか?」っていう質問に対しては、基本的には見守って良いんですけど、見守っていたらやる気になるという保証は全くありません

そこを分かっておいて見守る必要があるんです。これ難しいんですよね。

\ 発達障害や不登校の子の子育てに役立つ情報を配信中 /

社会適応に必要なこととは?

本当に正直に言うと、特に中学生以降の勉強って将来何の役にも立ちません。

僕は発達障害だけではなくて知的障害の方もたくさん診ていて、昔から知的障害・発達障害の領域の専門家たちが言っていることなんですが、大人になった時に一番、社会参加がある程度うまくいくのは軽度の知的障害の方なんですよね。

確かに、手帳を持っていたり障害者年金を取得したり、経済的には援助が必要なことが多いんだけど、本人が前向きにちゃんと社会に出て働いている

しかも自分で余暇も楽しめている、そういうライフスタイルが送れている方っていうのは、実は軽度の知的障害の方に結構多いんです。

それはなぜかって言うと、無駄な勉強をしないで将来実用に役立つような勉強を学校でしてきているからなんですね。

特別支援学校の高等部をちゃんと出た軽度の知的障害の方が一番、生活能力が高くて、自立心が高くて、自己肯定感が下がらずに社会参加できているんです。

一方で、知的障害のない方がなぜ難しいかっていうと、無駄な勉強をするのが自分の人生に大事だと思い込まされてるからであって、結局大学を卒業しても身の回りのこと全然できないで大人になっちゃっている発達障害の方が大勢おられるわけです。

勉強よりも、まずは身の回りのことや役割に着目する

そうならないためには、学校の無駄な勉強をするよりは、むしろ身の回りのことをちゃんと自分でやるとか、家族の中で多少の役割分担をするとか、そういったことをちゃんと学ぶ方がよっぽど大事なんですよね。

“何に”やる気になるのを見守るかっていうと、例えば自分の身の回りのことは自分でやるとか、家族と仲良く暮らしながら多少は家事の分担をするとか何か役割を担うとか、そういったことへのやる気が出るのは見守って頂いて良いと思うんですよね。

学校の勉強をやる気になることは見守っていても無理な人は多いかもしれませんし、それは見守らなくて全然構わないんじゃないかなと思いますね。

Branch roomでお子さんとスライム作り

いかがでしたか?

「勉強させなくては」という考えにとらわれず、勉強の本来の意味を考え直すところからのお話でした。
“今”のお子さんの心が健康であることや、“将来”のお子さんが役割を担っていきいきと過ごせることが大切だなと、改めて感じます。

Branchでは、発達障害や不登校に関する情報を発信しています。
気になった方は、過去の記事もぜひご覧ください。

ライター:小堀 紫苑

京都大学医学部人間健康科学科卒、資格:作業療法士 保育士

精神科病院、療育、訪問看護での勤務歴あり。経験を活かして、柔軟に創造的に、お子さんと関わっていきます。私自身とてもマイペースな子どもだったのですが、納得いくまで取り組むことを尊重し見守ってくれた大人の存在は、今でも心の支えです。 私もお子さんの可能性を信じ、個性に寄り添い、安心できるお話し相手になれたらと思います。そしてご家族のサポートも行っていきたいです。好きなことは、歌・ウクレレ・手芸・ヨガなど。ジブリや絵本の世界観、生き物や自然を観察することも大好きです!

【Branch公式LINE】役立つ子育て情報を配信中!

友だち追加

不登校・発達障害がある子向け

Branchオンラインフリースクール

Branchで解決できること

 研修を受け、発達障害の特性にも理解があるスタッフが献身的にサポート

 自分の「好き」から 遊べるイベントが盛り沢山

 特性に沿ったお子さまのサポート方法をスタッフが一緒に考案します

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

TOP
目次
閉じる