こんにちは。

『「好き」で自信を創り、「好き」で社会とつながる』をビジョンに、発達障がい児や不登校のお子さま向けのメンターマッチングサービスと教室運営をしているBranchの中里です。


サービスを運営していて「子どもが本当につらそうなので学校はもう行かないでもいいのかな、と思った」「そう思ってからBranchにたどり着くまでにすごく時間がかかった」というお話を伺い、それまでにどんな変遷があったのか気になったのでヒアリングさせて頂きました。

※個人が特定されないように、団体名/学校名などは伏せ、一部情報を改変しております。

 

Branchに来る前の状況


・毎日のようにクラスから脱走している。
・授業や朝礼のようなものが嫌いだが、お友達は好きで休み時間は楽しく過ごしていた。
・行きしぶりは入学当初からあり、現在は「学校消えちゃえばいい」「学校に居場所がない」ということを言うようになった
・まだ「学校に無理して行かないでいいよ」と言えていないが、言った方がいいんだろうな、と思っていて悩んでいる。
・親族や兄弟のネットワークがあったのがつらかった。「学校は当たり前だけど行くよね」というタイプ。その視線が怖かった。


最初の行動

・「不登校」「フリースクール」などのワードで色々検索した
・人に相談しづらく、どうしたら良いかが分からなかった
・たまたま知り合いのつながりで、そういう情報を発信しているコミュニティを発見した
・まずは「情報を入手しよう」と思った。検索で出てくる内容より友人/知人から方が信頼できたし、行動に移せた。

 

行動している時の気持ち


・子どもが「学校に行きたくない」となった時に子供をどう捉えて良いか親も分からない。親も混乱してる。
・ずっと検索しててもあまり進まない。知見のある人に見てもらったり、繋がれると良いと思う。
・不登校の子を持つ親につながれたら良いけど、とてもつながりづらい。そして、親も疲弊してる場合が多い。そのため、ただ検索で見つけたコミュニティを見ていても、とにかくつらそうな投稿ばかりで自分も疲弊してくる。
・自分で行動して発信してる人(親)とつながれる方が良い。
・ホームエデュケーション関連だとグループ作ってる方々がいた。


「学校行かなくても良い」と思えた後


・そういう人たちの集まるリアルの場所や情報提供できる場所を作れないのだろうかと思った。(情報が少ない分、ご自身で作ろうと思われる方がとても多いと私も感じております)
・子どもが「行きたい」って場所が中々ない。楽しかったら行くのに。
・まだ「学校行かなくて良いよ」とは言えてない。
・Branchの記事の中にあった「子どもの好きをもっと信じていよい」という言葉がほんとすごいな、と思った。中々言えない。まだ自分は子どもに言えてないけど、あのブログを読めて良かった。子どもが落ちてる時にそんなポジティブなこと考えられなかった。


まずこれを書いた理由として、現在おそらく同じように悩まれている方がたくさんいらっしゃるはずで「そういう方は他にもたくさんいるよ」ということを伝えたかったということです。

そして、上記の中には重要な示唆が含まれていると思います。

1.情報がまず大事だと思ったが、いくら検索していても前に進まなかった、ということ。

2.何か知見ある人につながり相談できることが大事だったということ。

3.また、情報は検索よりも友人/知人からの直接的な情報からの方が行動に移せた、ということ。


「人に言いづらい」「家族も含めて、学校は当たり前にいくものだという視線が怖い」という状況がゆえに、とても情報が不足してどんどん保護者の方が1人でつらくなっている状況は良くお見かけします。

そういう方に少しでもこの記事が届き、何か行動に変化があると嬉しいです。



Branchでは、お子さんの好きなことを見つけたり、好きなことを伸ばすための環境創りのお手伝いをさせて頂いています。ご興味ある方はこちらから。