カテゴリー:ユーザーの声

【学年別】不登校のきっかけと対応、利用した支援やその後の変化 - 当事者・保護者インタビュー記事まとめ

発達障害・不登校のわが子。親として見守りながら、一人の人間として対等にかかわる - Branch保護者座談会 後編

「どうして教室にいられないんだろう?」不登校・発達障害の親子それぞれの困り事と対応 - Branch保護者座談会 前編

【小学5年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー

【小学4年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー

【小学3年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー

【小学2年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー

【小学4年生・男子】不登校のきっかけと対応、利用した支援と親子の変化 - Branchユーザーインタビュー

新サービス「Branchオンラインコミュニティ」始動。 「好き」で自信を創り、「好き」で社会とつながる、もう一つのかたち。

家がBranch roomになるオンラインプログラム。そこに親密さがあれば、距離や手段は関係ない。

ホワイトハッカーになりたい。既存の枠を超えた、「好きなこと」から学ぶ方法とは。

子どもの「やりたくない」気持ちを受け入れたら、自分から「やってみる」が出てきた。学校に通いながらBranch roomを利用する、Sさん親子の変化。

「ゲームなんてやめてほしい」そんな考えを変えたのは、息子の不登校を機に作り始めたあるノートだった

子どもの「好き」を信じていれば、出会うべき人や場所に導かれていく。子どもの意欲を引き出す環境とは

「息子の興味・関心に共鳴してくれるメンターと出会えた」 Branchユーザーさんのユーザーインタビュー

「発達障がいを周りの人に理解してもらえるきっかけになった」初期からのユーザーさんへのインタビュー

自信を持って取り組める事を伸ばしてあげたい!生物のプログラムをご体験頂いたお母様のインタビュー