%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab Img 2516 Img 2583 Img 2482
子ども達の「知りたい!」という気持ちや疑問に丁寧に向き合ってくれるデータサイエンティストで統計学や量子力学が得意なメンターさんです。
このメンターと一緒にできること:
数学
映画の話
アニメの話
機械学習の話
ゲーム
料金:
¥3,500/1時間
サポート形式:
訪問、ビデオチャット(Skype)
学校名:
東京理科大学 理学部第2学部数学科
所属:
データサイエンティスト
性別
男性
なぜBranchに協力しようと思ったか

 私には、弟妹と思っている友人たちがいます。彼らは発達障害と診断され、社会と必死に向き合おうとしています。多動性、不安障害、衝動性や不注意。彼らの性質は、多くの社会や企業ではいまだに許容されていません。当たり前のことができないと、彼らは深く傷つき悲しんでいます。
 しかし、私の目から見て彼らの才能はとても豊かで、非凡なものです。そして何より真面目です。自分がどうすれば、社会に受け入れられるのだろうかと日々考えています。
 何より私自身、高校生まで、周囲に受け入れられていないと感じていました。周りが疑問に思わないことを疑問に思うということは、子供にとって案外大変なことです。答えがわからないとしても、疑問を他者と共有できないことはとても寂しい。
 しかし、大学や社会という場に身をおくと、そういった周りとは違う問題意識が、自分の生きる糧になるということがよくわかります。疑問こそが今の私の原動力です。
 あなたが疑問を持つということはとても素晴らしいことで、知りたいと思うのは自然なことなんだよと子供達に伝えられたらなと思っています。

行っている活動、得意なこと

 昼間は、データサイエンティストとして働いています。使っている言語は、PythonやSQLです。
 家では猫と遊んでいるか、数学の問題を解くか、Youtubeのゲーム実況を見ています。
 高校生の時は、家に引きこもってオンラインゲームにハマっていました。マインクラフトやネクソンのオンラインゲームをしたり、プレイステーションのソフトをパソコンで解析したりすることにはまっていました。最近は、数学で遊ぶことの方が増えたので、ゲームはあまりしていませんが、時間に余裕ができたら、PS4を買ってオープンワールドのゲームなどで遊びたいなあと思っています。
 毎日映画を見ていた時期があったので、アニメや映画を含めた映像作品には今でも強い興味を持っています。
 仕事で統計学や機械学習のことも勉強していますので、深層学習を利用したAIなどにも興味があります。

親御さんに向けてメッセージ

 私は、親にとっては理解し難い子供だったと思います。大量の本を読んで、大量の映画を見て成長した私は、複雑で美しいものに心惹かれる人間になっていました。そして何よりの悲劇は、それがうまく表現できなかったのです。自分の中に潜んでいる考えや行動原理を友達、先生や親に説明することができませんでした。それは決して周囲のせいではないと思っています。それは自分の力不足だったと思います。
 でももし、自分が子供の時に、周りに理解してもらえない思いを汲み取ってくれる友達がいたらどんなに楽に生きられただろうとも思います。
 私がもし、子供達にとってそんな存在になれたら、こんなに嬉しいことはありません。少しでも保護者の方のお力になれたらと思います。

このメンターを予約する