%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab Img 2516 Img 2583 Img 2482
子ども達の「知りたい!」という気持ちや疑問に丁寧に向き合ってくれるデータサイエンティストで統計学や量子力学が得意なメンターさんです。
このメンターと一緒にできること:
数学
ゲーム
世間話
社会の話
料金:
¥3,500/1時間
サポート形式:
訪問、ビデオチャット(Skype)
学校名:
東京理科大学 理学部第2学部数学科
所属:
データサイエンティスト
性別
男性
なぜBranchに協力しようと思ったか

社会人で発達障害の仲間たちと、いろんな支援団体を探していて、たまたまBranchに出会いました。
自分の子供の頃を思い返してみると、誰かがそばにいて、自分の考え方を理解してくれたなあと思います。
そして、その体験が今の自分を生かしてくれています。
Branchというサービスの必要性はそこにあると思っています。
つまり、誰か自分を理解してくれる人を探す場ということです。
親、兄弟、友達、学校の先生、塾や習い事の先生。
子供たちの出会いを、その中に留めておくのはもったいないと思います。
Branchには様々なバックグランドを持ったメンターがいます。
色んなメンターと交流することで、社会との繋がりをたくさん持つこと。
それがBranchの魅力なんだと思います。

行っている活動、得意なこと

大学生として数学を勉強しています。
データの活用にも興味があるので、データサイエンスのアルバイトもしています。
研究テーマは「脳内の量子活動」です。

親御さんに向けてメッセージ

社会とどう折り合いをつけるのかということが一番大事なんだと思います。
今の時代は決して生きやすい世の中ではありません。
日本の行く末を危ぶむ声も多く聞こえます。
会社員になって、定職についても先の見通せない将来が待っていることには変わりありません。
過酷な世の中をたくましく生きていくということは、色んな人と繋がってパワーをもらい、誰かから助けてもらったり、誰かを助けたり。
その繰り返しだと思います。
Branchにはたくさんのメンターがいます。
子供達が色んな人と交流して、色んな人がいることを実体験として知ることで、社会で生きていくヒントを得られる。
Branchはそんなところなのかなと思います。

このメンターを予約する