0 3 0 0 1 20170922 171209 0043
楽しみながら親子が笑顔で特性と向き合えることを大切に思っている子育て中のメンターです。
このメンターと一緒にできること:
子育て相談
療育グッズ作り
おしゃべり
水習字
ペアレントトレーニング
料金:
¥5,000/1時間
サポート形式:
訪問、ビデオチャット(Skype)
学校名:
発達臨床心理学部文学研究科発達心理学専攻
所属:
特定非営利活動法人accommon(アコモン)
性別
女性
なぜBranchに協力しようと思ったか

我が子が自閉症スペクトラムだということ、そして今まで様々な療育をしてみましたが、そこだけに焦点を合わせては親子で課題をクリアするのみで、義務感に縛られ苦しい時がありました。そんなときに「こういう遊びの一環で、楽しみながら親子が笑顔で特性と向き合える術があるのでは?」と疑問を抱くようになり、家ではとにかく娘と遊ぶことを中心に生活すると、今まで出来なかったことが出来るようになり、親子ともに笑顔が増え、会話も増えました。なので、療育でしんどい時にホッとできる相手として、誰かのサポートを出来たらと念願いたしております。

行っている活動、得意なこと

・ペアレントメンター
(発達障害に限定せず、メールや電話で相談を受け付ける)
・ペアレントトレーニング リーダーなので 岩手県内のみですが
 都合が合えば、ペアトレがグループが苦手な方でも個人的にトレーニングができます。
・親御さんのメールカウンセリング・およびチャットなどで相談にのれます。
・お子さんの(親御さんでも可)心のリーディング
 好きな色を三種選んでもらうことで、心具合を診て診断、助言が欲しい方にはします。
・子育て相談、おしゃべり
・一緒に家で遊びながら、療育できるグッズつくり
・水習字で、一緒に遊びながら訓練しよう!

親御さんに向けてメッセージ

育児は育自といったもので、子供は親の合わせ鏡だなと思ったことありませんか?
私は子供の特性と向き合い始めたころ、受容しはじめたころ、子供の顔を見てはハッとして、半ば無理矢理口角をあげて笑い顔を作っていました。
そして躍起になって、色んな療育研修会に参加しては気づくと身も心も疲れ果てていた。その頃の娘は表情が乏しく、言葉も発することなく、辛かったです。でもある日「一番辛いのは娘」と気付いてから、悪い所捜しからいいところ捜しに変わり、娘も笑顔になり、言葉が出始めたら私も笑っていることに気づきました。だからこそ、家では子供といるときは楽しく遊ぶ・一人の時間は、親も誰かを頼っていいんだって、なのでこんなこと話していいのかな?と思うことも気軽に連絡もらえたら有り難いです。

このメンターを予約する