いつもはメンター同士だけで行っている「Branchメンター懇親会」

普段は折り紙が得意なメンターが他のメンターに教えたり、科学実験が得意なメンターが他のメンターに教えたりという機会を作って交流しています(メンター同士が本当に特殊技能を持っているメンバーばかりなので、この交流会が毎回面白い!)

今回は初めて外部の方にお願いして、お話を伺いました。

ROCKETとは
“ROCKET”は、“Room Of Children with Kokorozashi and Extra-ordinary Talents”の頭文字をとったものです。そこにあるように学校を目指すものではありません。志ある特異な(ユニークな)才能を有する子ども達が集まる部屋(空間)です。

 

 

今回はプロジェクトリーダーをやっていらっしゃる福本理恵さんにお話を伺いました。


場所は東京大学駒場Ⅱキャンパス1号館。

 

メンターたちもすごく興味深そうに話しを聞いていました。

 

 

たくさんの事を私自身もメモしたのですが、特に共感したのはタイトルにもなっている
「私たちは学び方と見方を教えている」
という部分。

この部分が備わっていれば、自立して子どもも勝手に学んでいくわけですよね。

 

最後は中邑先生も顔を出して下さいました。

 

1時間半程度、とても興味深い話しをたくさん伺えました。
かなり強烈なプログラムを作成して実施されているROCKETさんですが、現在四期生集めで日本中講演に行っているみたいなので、気になる方はホームページより御覧ください。
セミナーページはこちら。

福本さん、中邑先生、ありがとうございました!

 

 

その後は場所を移して懇親会です。

毎回、懇親会やる度に「優秀で面白い人多いなぁ。このメンツで何かやりたいな」と思っています。

メンター同士でも、「Branchにいることで刺激がもらえる」という場所になりつつあるみたいで、これはやっている側としてはすごく嬉しいです。勝手にお互いの大学に行ったりもしているようなので、嬉しい事です。コラボレーションで作品作りなど何か産まれるといいですね。


明日から新年度。
Branchをますます加速して良いサービスにできるよう邁進してまいります!

 

--------------
ライター:Branchを運営しているWOODY代表の中里